アクセス

宝塚クラシックゴルフ倶楽部(旧:スポーツニッポンカントリー倶楽部)へお越しの際のアクセスについてご案内いたします。

お車でお越しの方

宝塚ルート(1)
  1. 中国自動車道・宝塚ICを降り、国道176号を三田方面に。
  2. 生瀬橋東詰(交差点)を右折して、県道33号線に入る。
  3. 中国自動車道高架をくぐり左折(前方看板あり)。
  4. 県道33号線をそのまま進む。
  5. 左側に入口(スポニチCC看板あり)があり、左折。

メニューへ戻る

宝塚ルート(2)
  1. 中国自動車道・宝塚ICを降り、国道176号を三田方面に。
  2. 宝塚歌劇場前(交差点)を右折して、そのまま進む。
  3. JR福知山線踏み切りを渡り、そのまま進む。
  4. 阪急宝塚線高架をくぐり、そのまま進む。
  5. 中国自動車道高架をくぐり、突き当たりを左折。
  6. 県道33号線へ進む
  7. 突き当たりを右折して、県道33号線に入る。
  8. 左側に入口(スポニチCC看板あり)があり、左折。

メニューへ戻る

中山ルート
  1. 阪急山本駅南(交差点)から阪急山本駅方向へ向かう。
  2. 直進する。
  3. 長尾山トンネル南(交差点)を右折して県道325号線に向かう。
  4. 県道325号線を直進する。
  5. 左折して県道33号線に入る。
  6. 右折する。

メニューへ戻る

各交通機関でお越しの方

電車をご利用の方

○JRでお越しになる場合
JR大阪駅より約30分、JR宝塚駅下車。
JR宝塚駅よりタクシー又は倶楽部バスにて約10分
○阪急でお越しになる場合

阪急梅田駅より約35分、阪急宝塚駅下車。
阪急宝塚駅よりタクシー又は倶楽部バスにて約10分

→倶楽部バスの時刻表及び停留所についてはこちら

メニューへ戻る

倶楽部バスでお越しの方

倶楽部バス発車時刻

週日・土日・祝日
宝塚駅前発 AM倶楽部発 PM
7:0015:30
7:4016:20
8:2017:00
9:0017:40
9:4018:20
10:30最終
印は状況によって不定期

メニューへ戻る

倶楽部について

宝塚クラシックゴルフ倶楽部(旧スポーツニッポンカントリー倶楽部)は1961年に創立され、2010年に50周年を迎えました。当倶楽部は50年の伝統を踏まえ、成熟した味のあるゴルフ場を目指していきます。

コース設計者・佐藤儀一氏

宝塚クラシックゴルフ倶楽部(旧スポーツニッポンカントリー倶楽部)のコースを設計された佐藤儀一氏は戦前のゴルフ界を席巻した名手であり、日本 アマチュアゴルフの三羽烏の一人として君臨したトップ・プレーヤーでもありました。

アメリカでは、カリフォルニア・ゴールド・メダリスト4回等の数多くのベストアマ等のタイトルを保持されました。1936年にアメリカより帰国され、同年のジャパン・アマチュア選手権で優勝し、それ以来日本のアマチュアチャンピオンとして史上最多の4回優勝を果たされました。

1955年にコース設計家として転身され、和歌山県の白浜GCをはじめ、数多くの作品づくりに参画されました。

メニューへ戻る

倶楽部概要

名称
宝塚クラシックゴルフ倶楽部(旧スポーツニッポンカントリー倶楽部)
所在地
〒669-1241 
兵庫県宝塚市切畑桜小場19
»アクセス
電話番号
0797-86-6261
FAX番号
0797-84-5444
ホームページ
http://www.takarazuka-cgc.jp/
E-mail
運営
株式会社ユニテックスゴルフ
開場
1961年(昭和36年)11月
面積
92万m2
コース
18H/6,490Y/P71
コース設計
佐藤 儀一
コースレート
70.8
グリーン
ベントグリーン
練習場
打席/230Y
カート
5人乗り電磁誘導カート 55台
加盟協会
JGA/KGU

メニューへ戻る

ご利用・マナーについて

タイトル部分をクリックすると、詳細が開きます。

ご利用について

営業時間

倶楽部開場時間
全日7:00~(1月と2月の平日は7:30~)
電話受付時間
8:00~17:00
スタート時間
8:00よりスタート

予約方法

Web予約をご利用ください。

平日・土曜・日曜・祝日
プレー3ヶ月前の1日より直接受付。

キャンセルフィ

3日前から発生(平日:無料/土日祝:5,000円)

支払方法

現金清算及び各種クレジットカードでのお取扱いをいたしております。

取扱クレジット一覧
取扱クレジット一覧 取扱クレジット一覧

貸しクラブ/貸し靴

貸しクラブ 2,700円/貸し靴 540円
(メタルスパイクシューズはご使用になれません)

当倶楽部へキャディーバッグをお送りいただく場合について

当倶楽部へのキャディーバッグのお送りいただく場合は、
下記の宅急便専用郵便番号宛てにお送りください。

宅急便専用郵便番号
〒669-1241

宅急便

クロネコヤマト(→荷物のお問い合わせはこちら)

マナーについて

当倶楽部ではマナー・エチケットについて、お客様に下記事項の順守をお願いしております。

ゴルフの精神

ゴルフは「ルール」を守ることを厳しく求めているだけでなく、より大事なこととして「マナー・エチケット」を規則の第1章に規定しているスポーツです。「礼儀正しさやスポーツマンシップ」を常に示しながら、洗練されたマナーをもって自分自身に恥じないプレーを心掛け、他のプレーヤーも気持ちよく楽しいゴルフライフを送れるよう、心がけましょう。

当倶楽部では、特に次の3点にご協力をお願いしております。

挨拶や会釈を
倶楽部内では、お互い気軽に気持ちよく挨拶や会釈を交し合いましょう。
その1日が心なごみ、清々しいものとなることでしょう(おはよう 等…)。
心くばりと思いやりを
他のプレーヤーやコースには「心くばり」や「思いやり」をもって、スピーディーなプレー、そしてディボットやボールマーク跡の修復、バンカーならしなど心がけましょう。
安全の確認を
何より安全なプレーに心がけること。自分自身の安全はもとより、他のプレーヤーに危険を及ぼさないよう最大限の注意を払いましょう。

1.服装について

会員や全てのプレーヤーが不快と感じる服装は慎んでください。服装もマナーの一つです。

入場時
  • 来場の際はブレザー、ジャケットを着用ください(6月~9月の間は上着着用問いません)。
  • ジーンズ類やカーゴパンツ、Tシャツ、サンダル類でのご来場はご遠慮ください。
プレー時
  • プレーヤーは必ず「襟付きのスポーツシャツ」(タートルネックは3cm以上)を着用願います。
    原則、シャツの裾はズボンの中に入れてください。
    • ※Tシャツ、ジーンズ類、カーゴパンツ、スニーカー、サンダル類は不可です。
    • ※半ズボンの場合はロングソックス(膝下)を推奨。ゴルフ用半ズボンは通常ソックスで可。
  • 安全上、健康上、必ず「帽子又はサンバイザー」を着用してください。

2.マナー/エチケットについて

倶楽部に集う仲間同士、気軽に気持ちよく挨拶や会釈を交わしましょう。

一般事項
  • クラブハウス内やコースでの品位を欠く行為や、不快感を与える高声・高笑を慎んでください。
  • 所定の場所以外は「禁煙」です。タバコのポイ捨ては絶対にしないでください。
  • 「携帯電話」はプレー中使用禁止、ハウス内での使用も自粛してください(マナーモードに設定)。
  • レストランへの、クラブの持込みやウィンドブレーカー、雨具の着用は慎んでください。
  • 洗面台の使用後は、次の方のために自分の使ったタオルで綺麗に拭いておきましょう。
安全の確認
  • ストロークや練習スイングをする場合、周囲に人がいないか安全を充分に確認する。
  • 前の組のプレーヤーが球の届く範囲外に出るまでは、プレーを始めてはならない。
  • 打った球が誰か人に当たる危険性のある方向に飛んで行った場合、プレーヤーはすぐに大声で「フォアー!!」と知らせること。
  • 他のプレーヤーがストロークする時には、その前方に出てはならない。
他のプレーヤーへの心配り
  • 他のプレーヤーがプレーを始めようとしているときに、むやみに動いたり、話し声を出したり、球の近くや真後ろに立ったりしてはならない(静かに見守りましょう)。
  • ティーインググラウンドでは自分の打順となるまでティーアップしてはならない。
  • グリーン上では、他のプレーヤーのパットの線上に立ったり、影を落としてはならない。
コースの保護
  • ストロークで切り取ったディボット跡は、目土で埋め、平らに入念にならしてください。
  • バンカーはプレーヤー自身がレーキを使って平らに入念にならしてから外へ出ること。
  • スパイクや旗竿、クラブなどでグリーン面やホールを傷つけないこと。

3.プレーのペース

前の組に遅れないよう適切なペースでプレーすることは、その組全体の責任である。

プレーファースト
  • スタート時間の「5分前」にはスタートホールに集合する。
  • ハーフラウンドの標準時間は「2時間15分」内。
  • セカンドショット以降のために、ティーショットが終われば2~3本のクラブを持っていく。
  • バンカーショットの際には、レーキを持って低い縁からバンカーに入っていくこと。
  • グリーン上では、グリーンに上げる時や他のプレーヤーがパットをしている時などに、そのプレーヤーの迷惑にならない範囲で、自分のラインを読んで準備をしておく。
  • パッティングを終われば、速やかにグリーンを空ける(スコアは次のティーグラウンドで記入)。
  • 打球が紛失又はOBの可能性がある場合、宣言して暫定球を打っておくべきである。